勃起障害(ED)

勃起障害(ED)とは性交を行うのに充分な勃起が生じない・維持できない状態を指します。当院では日本性機能学会専門医施設として、EDに対する専門的治療を行っています。

EDの要因

EDにはストレスや心理的な理由で生じる心因性と勃起に関わる神経や血管の異常で生じる器質性があります。

心因性ED

ストレスや心理的な理由でEDが生じるケースです。
勃起はリラックスした状態で生じるため、緊張すると勃起が生じない・弱くなる、ということになります。

何らかの理由で一度性交に失敗すると、次に失敗したら相手に悪い、と考え不安な状態になります。この状態で次の性交にのぞむと、不安が先立ち、緊張してしまうため、ますます勃起しにくくなります。この繰り返しにより、悪循環が生じてしまい、性交そのものが嫌になることもよくみられます。
年齢が若い場合や不妊治療中の場合にみられるEDは、ほとんどがこのタイプです。

器質性ED

勃起は性的な興奮が脳から神経によってペニスに伝わり、ペニスに血液が流れ込むことによって生じます。
勃起に関わる神経や血管に異常があるとEDが生じます。主に中年以降で、糖尿病、高脂血症、高血圧、脳梗塞、下腹部の手術の経験がある人などに生じます。

▲ページトップへ

EDの治療

EDの診断・治療はすべて自費診療となります。また、一部のED治療薬は院内処方も可能です。
なお、最近の血液検査や健康診断のデータをお持ちでしたら、ぜひご持参下さい。

ED治療薬の費用(院内処方)
レビトラ(10mg) 1,200円/錠
レビトラ(20mg) 1,600円/錠
シアリス(10mg) 1,600円/錠
シアリス(20mg) 1,800円/錠
血管作動薬注射 2,500円/回

この他、診察料(初診料3200円、再診料1700円)および処方料(毎回1000円)が別途必要となります。
(平日の午後6時以降、土曜日午前12時以降は診察料に500円加算されます。ご注意ください。)。
EDについてのより詳細な解説は、以下サイトをご覧ください。
広島ドクターズ(外部サイト)

ED治療薬

心因性、器質性を問わず、可能な限りED治療薬をまず用います。ED治療薬ではバイアグラが有名ですが、さらに新しいもの(レビトラ・シアリス)が発売されています。

その他の治療

ED治療薬は、安全かつ有効率の高い薬ですが、器質性EDでは効果がないこともあり、その場合には次善策を検討します。ペニスに勃起が生じる薬(血管作動薬)の注射を行い勃起させる方法や、真空ポンプを用いて勃起させる方法を行う場合もあります。また、カウンセリング、漢方薬や男性ホルモン剤を用いる場合もあります。

WEB掲載されました!

・・・受付で症状を聞かれることはなく、ひと安心。それに、このクリニックでは名前ではなく番号で患者を呼ぶからプライバシーも守られる・・・

引用:「ED診療体験レポート」(いぐち腎泌尿器クリニック)

バイエル薬品が運営するWEBサイト『EDネットクリニック』に当クリニックが掲載されております。 「ED診療体験レポート」としてED治療における診察の流れを下記ページにてご紹介いただいております。
「ED診療体験レポート」
「ED診療体験レポート」つづき

▲ページトップへ